オンライン企業イベント|プロがお勧めする機材|マイク編

プロがお勧めする機材

マイク編をご紹介

マイクはオンラインで重要な機材

前回紹介した機材はビデオキャプチャーとオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はマイクについて紹介をしていこうと思います。

「オンラインイベントにマイクが重要って当たり前」と思ったかもしれませんがオンラインイベントにとってマイクはとても大切です。YouTubeをやっている方も良く言われていますが音声がしっかりと撮れてないと「動画の視聴離脱率」も高くなると言われています。

その位オンラインイベントにとって音声は大切な項目になります。その収録で利用するマイクについてご説明をします。

なぜマイクが重要なのか?

オンラインイベントにとってマイクは音声の生命線になります。マイクの性能が悪いとオンラインイベントを視聴している視聴者にどんな事が起こっているか解らなくなってしまいます。逆にマイクの性能が良ければオンラインイベントで伝えたいことがしっかりと視聴者に伝える事ができるようになります。

つまり、マイクはソフトの設定というよりもマイクの性能によって音質が変わってしまう要素が大きいという事になります。とは言え、マイクについて考えた事がある人は少ないと思うのでマイク選びのコツを書いておきます

オンラインイベントに必要なマイク

マイクには大きく2種類のマイクがあります「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」になります。オンラインイベントでは「コンデンサーマイク」というマイクを選ぶようにしましょう。

ダイナミックマイクとは電源(電池など)を必要としないマイクの事を言います。一般的なマイクはほぼダイナミックマイクです。カラオケにあるコード付きマイクや会議室にあるコード付きのマイクなども全てダイナミックマイクでしょう。取り扱いが楽なので様々な場所で使われています。

オンラインイベントで使用するマイクは「コンデンサーマイク」というマイクになります。コンデンサーマイクはコード付きマイクなのに、「電池」などの電源がないと動かないマイクになります。※ワイヤレスマイクとは違います。電源を使用する為、コンデンサーマイクはダイナミックマイクよりも音質が良く繊細な音質で収音する事ができます。

オンラインイベントでは音声が悪くなる

オンラインイベントでZOOMやチームスと言った会議システムでライブ配信をするとノイズ除去システムの影響から余計ない周波数をカットする仕組みが作動します。

音声収音効果の低いダイナミックマイクを利用すると小さな音を雑音だととらえられてしまいカットされる可能性があります。こうならない為にはコンデンサーマイクを利用しっかりと収音をする必要性があるのです。

お急ぎの際は、お気軽にお電話下さい 株式会社iStyle03-6380-0661受付時間 11:00-20:00 [ 土・日・祝日も営業 ]

お問い合わせ 24時間以内にご返答します
オンライン企業セミナー|メリット&デメリット
オンライン研修で取り入れたいアイスブレイク
TOP
ハイブリット型オンラインイベント
衆議院議員「進藤金日子」先生のライブ配信を行いました
イベント背景
オンライン企業イベント|面白い企画にする方法
オンラインイベント|2022年の費用相場

オンラインイベント専用アプリをご紹介

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓