企業セミナー・総会|ライブ配信

企業セミナー・総会|ライブ配信

企業セミナー・総会(株主総会・取締役会等)・式典・講演会などをオンラインで開催をお考えの方におススメのプランです。対談形式のセミナー、勤続表彰、資料を多用する学術講演会、海外など双方向の会話が必要なセミナーなど数多くの視聴者に向けたライブ配信が可能なスタイルです。

オンライン配信はこんなシーンで活用されています。

「ライブ配信プラン」ではオンラインイベントの企画や内容がハッキリしている場合にオンライン配信のみをご利用頂くプランとなっております。「オンラインでの配信を考えているけど企画が決まっていない」など企画からご案内が必要な場合には、オンラインイベント「全部お任せプラン」をご利用下さい。 →【全部お任せプラン】

ライブ配信基本料金には下記の内容が含まれております。機材構成についてはオンラインイベントの内容や規模によって必要となる機材が変わってきてしまう可能性もあります。100名以下のオンラインイベントであればライブ配信基本プランで実施できると思います。※運搬費については高速道路利用が必要な場合などは別途お見積りさせて頂きます。

 

※ライブ配信スタッフ2名・動画カメラスタッフ1名/当日スタッフ数合計3名となってなっております。

ライブ配信プラン基本料金の撮影方法は定点カメラ1台とカメラマンが操作するカメラ1台の2台をスイッチャーでオペレーターが切り替えて配信をさせて頂きます。定点カメラ1台では表現できない動画を配信する事ができます。また、イベント中に使用している資料などもライブ配信中の画面にリアルタイムでインサートする事も可能です。

上記のようなシステムでオンライン配信をした際には下記の写真のようなイメージで動画配信をする事ができます。動画を見ている視聴者にどのような雰囲気で何をしているのか「テレビの生中継」を見ているようなイメージでオンラインイベントをライブ配信する事ができます。

質疑や問いかけのシーンでは定点カメラを使用
講義中はアップカメラを使用

 

このように2台のカメラを効果的に切り替える事で視聴者に伝わり易い映像演出をする事ができます。更によりハイクオリティに仕上げる為に、ライブ配信基本料金内には予め画像テロップもご用意させて頂いております。画面テロップを使用する事でメッセージ性が向上し、視聴者に対し「伝えたい事が伝わり易く」なります。

 

画面テロップ使用例

 

このようなハイクオリティーなライブ配信効果が基本料金に全て含まれております。大きなホールやホテルの大宴会場などでのオンラインイベントを予定してない限り、ライブ配信基本料金で収まるかと思います。【演劇やバレエ発表会などのオンライン配信を考えているお客様はコチラ】→舞台・発表会オンライン配信

オンランイベント確認事項

オンラインイベントに重要な3つの確認ポイントを記載させて頂きます。オンラインイベント会場にてご確認をお願いいたします。

LANケーブルがオンラインイベントの会場内にある事は必須条件と言っても良いかもしれません。他社のWEBサイトを見るとLANケーブルが無い場合には「Wi-Fiでも大丈夫です」と記載のあるサイトも見かけましたが・・・社内会議レベルならWi-Fiの通信障害を仕方ないとするかもしれませんが・・・多くの人がライブ配信を視聴する可能性のあるオンラインイベントではWi-Fi使用はお勧めはできません。会場内に有線でのLANケーブルがある事をご確認下さい。もし、LANケーブルが無い場合にはイベント用の仮設LANケーブルをNTTより引いてもらう事も可能です。その際はオンラインイベントの1カ月前には対応する必要があります。

※どうしてもWi-Fiを利用する場合はコチラ→

 

オンラインイベントにおいてカメラの設置位置とステージまでの距離感はとても重要です。カメラの設置位置・配信機材の設置位置・ステージの位置関係で予算が決まると言っても良いと思います。「どのような大きさの会場」で「どんなイベントを行うか?」かが何故重要かと言うと、大きな会場の場合には「カメラから延びるケーブルの長さ」や「LANケーブルの長さ」が大量に必要になります。映像信号は長い距離を安定して信号を送る為に専用機材も必要になります。カメラの設置位置やステージまでの距離はオンラインイベントのライブ配信予算に大きく影響して参ります。しっかりとチェックをしましょう。

【映像についての基礎知識】→ オンラインイベントの映像 HOW TO

 

オンライン会場の音響設備も重要なポイントになります。オンラインイベントでライブ配信をする場合には実施会場にも音声や音楽を拡声させる必要があります。特にパーティーなどを各拠点と楽しむ場合にはメイン会場と各拠点が同様の雰囲気になるように音声を拡声してあげる必要があります。その為、オンラインイベントを行う際の会場音響はとっても大切です。音響設備が全くない場合には音響設備費用が必要になってしまう場合もありますのでしっかりとチェックしておきましょう!

【音響設備について知りたい方はコチラ】 → オンラインイベントと音響設備の関係性

 

上記のようにオンラインイベントでは会場の大きさと【カメラの台数】【音響の有無】が予算に大きく関わってきます。ライブ配信プランをご検討されているお客様にはとても重要なポイントになります。弊社へお問合せを頂く際に【会場の大きさ】【イベントの内容】【カメラの台数】【音響の有無】などをご記載いただけますと正確なお見積りを出しやすくなります。

もっと予算について知りたい →【会場の大きさとオンラインイベント予算】

別途費用の一例

◇ 撮影カメラ追加手配
ライブ配信の基本料金に2台のカメラのご用意があります。このカメラはオンラインイベント会場全体と撮影するカメラとステージで行われている様子をアップで撮影するカメラ構成になっております。登壇者の多いオンラインセミナーや式典の場合には追加でカメラとスタッフを増やす事も可能です。
大型スクリーン手配
大きな会場でのオンラインイベントを行う際には大型スクリーンの設置が必要な場合もあります。会場の大きさ、来場者の人数などに合わせて設置できる最大のスクリーンをご用意させて頂きます。
◇ 高性能液晶PJ手配
液晶プロジェクターは投影距離とスクリーンの大きさによって手配する内容が違って参ります。またホテルなどの宴会場などを使用する場合には、天井のシャンデリアや照明器具を避けて液晶プロジェクターを設置する必要があります。最大のスクリーンと最適なプロジェクターをご案内させて頂きます。
◇ 配信拠点を増やす
各地に営業所がある社内イベントをライブ配信する場合には本社を中心として、各地にライブ配信拠点の設置が必要な場合もあります。「どのようなイメージのオンラインイベントにしたいか?」によって各地の拠点の設置は変わって参ります。拠点の設置についてご相談が必要な場合や拠点を設置してのオンラインイベントについてのお手伝いが必要な場合もお気軽にご相談下さい。専門スタッフがしっかりとご案内します。

オンラインイベントが解らないときは全部お任せ下さい!最適な機材手配からライブ配信までご提案します!!

【全部お任せプラン】

 

まずはお気軽にお問合せ下さい

→トップページに戻る