オンラインイベントPOINT3

オンラインイベントは手軽

オンラインイベントはとても手軽にできるイベントです。インターネットを利用するオンラインイベントでは人の移動をする必要がありません。その為、全国に営業所がある企業様がオンラインイベントを行う際にはスタッフの移動や宿泊の心配などが必要なくなります。また、海外にいる出演者なども簡単につなぐことも出来るようになります。インターネット環境さえ整っていればオンラインイベントは手軽に整える事ができます。

オンラインイベントは安い

オンラインイベントはインターネット環境さえ整える事が出来ればどこからでも発信する事も参加する事も可能です。大人数でのイベントの場合でもインターネット上のプラットホームを利用する事で従来のような大きな会場の手配が必要なくなります。1000名以上が入るホテルの大宴会場などを手配した場合1日利用で数百万円の費用が必要となります。更にイベントに参加する社員の移動費や宿泊費用など様々な経費を削減する事ができます。多くの拠点をオンラインでつなぐ場合には各地にイベントスタッフを派遣する必要があります。その為、イベント会社への支払いコストは上がってしまうかもしれませんが、全体的なイベントコストを考えればオンラインイベントを行う方が費用は40%以上安く抑える事が出来る可能性があります。

オンラインイベントは企画命

お手軽で経費の安いオンラインイベントですが良い所ばかりではありません。オンラインイベントを成功させる為には「企画」がとても重要になります。普段会議で使っているZOOMなどをイベントで利用しなくてはなりません。また、企業イベントの場合には個人パソコンやスマートフォンなどで個々に参加してもらうだけではオンラインイベントは全く盛り上がらなくなってしまいます。ZOOMで行う飲み会のように考えてしまうとオンラインイベントは失敗してしまいます。オンラインイベントでは画面の外側で画面を眺めているゲストをいかにイベントに参加させるかを考えながら企画を出さなくてはなりません。

10名程のオンラインイベントと100名以上のオンラインイベントでは「そもそもの考え方」を全く違う考え方にする必要があります。10名で楽しかった企画も100名では楽しくない可能性があるという事です。また、使用するプラットホームもZOOMだけで良いのか?YouTubeも併用するべきでは無いか?など参加規模やオンラインイベントの目的を明確にした段階でしっかりと事前に決めておく必要があります。

オンラインイベントまとめ

オンラインイベントの3つのポイントをザックリとお伝えいたしました。とっても手軽なオンラインイベントではありますが、画面を通したコミュニケーションで一体感をいかに作るのか?と言う点が最も難しいポイントです。

企画が作れたとしても動くスタッフの人数や手配する機材などリアルタイムのイベントに比べてもマンパワーと専門的な知識量は増える可能性はあります。10名程の簡単なオンラインイベントなら何とかなるかもしれませんが、「様々な拠点を結ぶ」「参加ゲストが多い」「ただの飲み会のようにしたくない」など重要度の高いイベントの場合には早めにオンラインイベント専門会社にご相談下さい。

 

トップページへ戻る