オンラインイベントの考え方

企画の考え方

オンラインイベントを企画する上での考え方についてご紹介していきます。

まず、オンラインイベントを開催するにあたりメリットが3つあります。

①イベントを気軽に開催することができる

②場所や時間を問わない

③様々な開催スタイルをとることができる

では具体的にひとつずつみていきましょう。

ます、①の「イベントを気軽に開催できる」という点ですが、スマホやパソコンが1台あればオンラインイベントを気軽に開催したり気軽に参加したりすることが可能です。パソコンは会社で支給されていることが多く、スマホの保有率は92.8%にもなっているので、実はとても身近な配信機器なのです。クオリティなどを追及していくのであれば、ゆくゆくは本格的な機材が必要となりますが、開催参加のハードルを低く設定できる点は主催者側にとっては大きなメリットとなります。

次に②「場所や時間を問わない」という点ですが、インターネットが繋がる環境であればどこからでもいつでも開催すること、参加が可能です。場所や時間の制限がないことは、日本だけでなく海外など全世界に向けての発信が可能となり、多くの人に参加してもらうことができるようになります。またアーカイブが残るもの、オンデマンド配信などは、視聴者は自分の好きなタイミングで見ることができます。

③つ目の「色々な開催スタイルがある」という点ですが、オンラインイベントを開催する際には、zoom・You Tubeライブ・Facebookライブ・インスタライブなどイベントの形態や希望に合わせて様々な方法をとることができます。

開催のための具体的なツールの特徴をご紹介していきます。

■zoom

オンラインイベントにおいて使用されるツールの代表的なものになるといえます。

最大の特徴は、主催者と参加者がお互いの顔を見ながら配信することができる、です。オンラインイベントでありながら、かなり身近な距離感で開催することができ、他のツールとの連携性も高く例えば、zoomの映像をYou Tubeライブで流したり、facebookライブに流したりということが簡単にできるようになっています。

■You Tubeライブ

You Tubeの特徴は、不特定多数への配信が簡単にできることです。特に視聴する側にとっては送られてきたURLを押すだけで映像をみることができます。(事前登録などは必要なし)

配信する側の登録もgmailアドレスとパスワードがあれば簡単に作れ(スマホの配信は登録者数1000名以上が必要ですが…)パソコンの配信は登録者数に関係なく行うことができます。

またアーカイブが残るので、決められた時間に見る事ができなくても後日の視聴が可能だったり、再度見る事や、配信者も確認のためにみることができるなど、とても便利な機能がついています。

■facebookライブ

facebookはfacebookグループで交流しているコミュニティにおススメのライブです。グループ内の限定配信ができるのでよりクローズドな空間を演出することができます。こちらもYou Tube同様にアーカイブを自動で残すことができるので、都合が合わない人にも後日見てもらうことができます。

■Instagram

インスタライブは他のツールと比べるとスマホに特化しているのが特徴です。配信画面が縦長でコメントもスマホで見た時に一番見やすいように設計されています。また、鍵アカウントを作成すればクローズドな空間を演出することも可能です。