オンライン代行サービスで福利厚生を導入し活用してみてはいかがでしょうか。

働き方だけでなく、生活様式の変化から今までのように利用が難しくなったことから福利厚生の内容を見直す必要も出てきました。

また、リモートワークの普及によるコミュニケーション面や仕事への取組みへの不安を福利厚生で補っていく考えもあります。

 

福利厚生には

法定福利厚生と法定外福利厚生があります。

法定外福利厚生とは、「法律にとらわれず企業のオリジナルで設けることのできる」福利厚生となり、従業員満足度の向上が期待できる重要な要素となります。この多種多様な法定外福利厚生の中でも自社運用の住宅手当・育児手当等以外にも外部の代行サービスを利用した福利厚生も多く存在しています。

 

2020年41日~(中小企業は202141日~)はパートタイム・有期雇用労働法が施行されます。それにより、福利厚生はすべて従業員が対象となってきます。企業理念はもちろんのこと業務スタイルに合った法定外福利厚生はあってよかったと思うものや、人気のあるものを導入していくと良いでしょう。

その中でもオンラインでの福利厚生はオンラインでコミュニケーションの機会を作ったり、生活リズムの変化から運動不足など健康面でのサポートをする取り組みをする企業が多くみられます。

物足りなく思われるオンラインでの福利厚生ですが、これまでのオフラインから比べて移動の心配がなく、時間帯を気にしないで利用する事がで着るメリットがあります。

導入する企業サイドでもコスト削減ができるのでオンラインのものに切り替える良い機会かもしれません。

 

それでは実際に利用ができるオンラインでの福利厚生はどのようなものが人気でしょうか。

  • オンライオンショップ
  • フードデリバリー
  • オンラインセミナー
  • ワークショップ
  • オンライン旅行

 

オンラインイベントのiStyleではこの中でも従業員のコミュニケーションの活性化や運動不足の解消、自己啓発の向上にもなる

  • フードデリバリー
  • オンラインセミナー
  • ワークショップ
  • オンライン旅行も承っております。

従業員の様々なニーズにあったイベントを取り扱っています。

多くの方に利用していただき、喜んでもらえる福利厚生の内容を企画にお役立て致します。

お気軽にお問合せ下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事