オンラインイベントの基本|オンライン企画・運営

オンラインイベント企画を作る

まずはオンラインイベントの企画の立て方について考えてみる事が大切です。   イベント事には骨格にる部分を決める事がとても大切です。オンラインイベント企画においても骨格になる部分を決めなくては打ち合わせを進める段階でオンラインイベントの内容がどんどんズレてしまいます。   どのような意図でオンラインイベントを企画するのか?   これが決まればオンラインイベントの準備に必要な機材や会場が見つかるようになります。まずは何のためにオンラインイベントを実施するのか紙に書きだしたりしながら事務局で話あいを進めましょう  

オンラインイベントの種類

オンラインイベントには種類があります。完全オンラインで実施するオンライン企画と会場に来場する人も若干名いるハイブリッド式のオンラインイベントになります。   全員オンラインで参加するオンラインイベントでは、最近はオヴィスというアプリケーションなどを利用してオンラインイベント企画が人気があります。YouTubeライブなどを併用させてオンラインイベントを企画している事が多くいます。   ハイブリッド形式ではZOOMとYouTubeライブの併用などで対応する企業様が多いと感じられます。表書式や株主総会などでハイブリッド方式はよく取られています。   ZOOMウェビナーなどを利用する場合も多いのですが、「費用が高い」と感じる場合にはYouTubeライブの検討もよいかもしれませんね。   オンラインイベントの企画に合わせて完全オンライン形式か?ハイブリッド形式か?選んでみると良いかと思います。  

オンラインイベントのメリット

オンラインイベントのメリットはやはり会場費が抑えられる部分にあると思います。リアル開催のイベント企画を考えた場合では、人数×料理・人数に合わせた会場・交通費・宿泊費などの経費がかかります。   オンラインイベント化する事でこのような経費を削減できる事ができます。   ホテルなどの宴会場を利用する場合には会場費は数百万単位で必要になります。オンラインイベント化すれば専用プラットホームかレンタルしても数十万で済む場合も多くあります   オンラインイベントの機材費用は多少必要になりますが全体でみるとオンラインイベントで企画をすると非常にリーズナブルな費用にまとめる事ができます。  

オンラインイベントのデメリット

オンラインイベントのデメリットはやはりコミュニケーションがとりにくい事にあります。   懇親会や決起会などのコミュニケーション重視のイベント事はオンラインイベントでは不向きな部分も多くあります。   勿論、このような時期なので決起会もオンラインイベントで企画する企業は多くおりますが、リアルイベントのような一体感を感じることは非常に難しいと思います   しかし、少し視点を変更したオンラインイベント企画をする事でオンラインイベントならではの楽しみ方や企画の方法があります。   オンラインイベント企画の作り方への工夫は必要になります  

オンラインイベントのまとめ

オンラインイベントを企画する為には、骨格になるテーマをしっかり決めて「誰に」「なんの為に」「オンラインイベントを発信するのか?」こんな事をしっかりと考える必要があります   打ち合わせを進めていくと、オンラインイベント企画で伝えるべき事がぼやけてしまい「一体この企画の趣旨はなんだったのか?」と疑問が出てくる事もあります   オンラインイベント企画は初めのテーマがとても重要になります   オンラインイベント企画で何か解らない事がある際はオンラインイベント企画のアイスタイルまでお気軽にお問合せください。   オンラインイベント企画でお急ぎの際はお気軽にお電話にてお問合せください

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事