オンラインイベントの音声は重要|企画・運営iStyle

オンラインイベントを企画すると多くの人は映像についてばかり考えてしまいます。

どのような映像演出にするのか?かっこいいVTRが欲しい!

などなどです。

 

オンラインイベントを企画するなら勿論間違えではありません。しかし、映像ばかりに目を向けてしまうと痛い目を見てしまう事もあります。それはオンライン企画には音声の要素が思っている以上に大切だからです。

 

オンラインイベントの音声と言ってもピンとこないと思いますが、ZOOMなどの音声は電話回線と似たような音声を利用している事もあり決して高音質ではありません。

 

ZOOMではCD並みの音声と謳っていましたが・・・・私が聞く限りでは遠く及びません。

 

オンラインイベントで音声が聞きにくとコミュニケーションが取れないなどの多くの問題が発生してしまいます。結果として満足度の低下を招く事もあるので要注意ですね。

 

私たちがオンラインイベントで音響を利用する場合にはデジタルミキサーや好感度マイクなどの様々な音響機器を使用しながらオンラインイベントを運営していきます。

 

しかし、それでもオンラインイベント・・・特にZOOMなどを利用すると高音質には程遠い状況です・YouTubeなどを使用すると高音質にはなりますが一方通行のイベントになってしまうので微妙ですね

 

では、なぜZOOMでは高音質の配信は難しいのか?

 

それは、ZOOMにはノイズキャンセラーと言う機能がデフォルトでオンになっている事が一番の要因になります。

 

ZOOMなどのテレビ会議システムの音響は小さな声を自動認識して音量を上げる機能があります。また音声を自動認識すると周りの雑音をカットしてしまう機能もついています

 

最近ではこの機能が強烈に働くようになっていますね・・・・

 

この機能がオンラインイベントの天敵!

 

オンラインイベントで利用する様々な効果音やBGMは演者さんの声よりも小さな音で出す事が多くあります。そうすると演者さんの声を重視して勝手にBGMをカットしてしまう事も多々あります。

 

しかも綺麗にカットしてくれるわけではなく、デジタルノイズとして若干残る事も・・・・

 

また、オンラインイベントで使用するマイクも中途半端なマイクを利用すると音声が入力がうまくいかずに声が聞きにくい小さいなどの現象も起こります。

 

また、複数台のPCを同時に利用するイベントでは音声をどのように返すのか?などしっかりと考えないとハウリングや余計なノイズを生みだすきっかけとなります。

 

このように音声をしっかりと整える事はオンラインイベントでは必須事項です。

 

これからオンラインイベントを企画する方で「初めて知った」「今お願いしている会社は音なんて何も言ってこない」と言う場合には要注意でしょう。なぜならイベント会社さんも映像会社さんも音響部分については素人だからですね!

 

もし、心配な事があればオンライン企画・運営のできるアイスタイルオンラインまで何でもご相談下さい!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事