オンラインイベントの費用|企業イベント/企画/運営iStyle

オンラインイベントの費用はどのように計算されるのでしょうか?様々なオンラインイベントの企画会社のサイトをみてもグレーゾーンが多くありすぎてどのような費用感が正しいのか全く分かりません。

 

オンラインイベント運営業界の中では弊社は比較的リーズナブルな運営ができる会社として知られています。なぜ同じような事をするのにオンラインイベントの費用が倍以上も違ってしまうのか?

 

今回のブログではオンラインイベント業界の費用についてお話をさせて頂こうと思います

 

オンラインイベントを運営している会社は大きく3つのスタイルに分ける事ができます。

 

① 商社系オンライン企業

② 映像系オンライン企業

③ イベント系オンライン企業

 

この3つのスタイルがオンラインイベント業界には存在しています。どの会社を選ぶのかで企画内容も費用も全然違った感じになります

 

商社系オンライン企業

商社系オンライン企業とは自社では技術者を全く抱えていない企業になります。基本的に集客を得意としている企業でありサイトの作りが様々なコンテンツを紹介している作りになっています。

 

このようなオンライン企業の場合には技術力は全くありません。その為、企画・制作・技術のすべてを外注に出してるので通常のオンラインイベントの費用よりも高くなる傾向があります

 

集客力にはたけているので見ていると楽しいサイト作りをしています。オンラインイベント費用に余裕がある会社はこのようなオンライン企業のサービスを利用してみても良いかもしれません。

 

映像系オンライン企業

映像系オンライン企業は映像会社がオンラインイベント事業に乗り出したパターンがほとんどです。映像の作り込みや持っている機材が本格的な機材を持っています。

 

機械についての知識の豊富なスタッフが多いのですがオンラインイベント企画についてあまり得意ではありません。また、映像技術系のオンラインイベント会社の場合には音響機器の知識が脆弱な事も多く音声処理が甘い事あります。

 

オンラインイベントの企画がはっきりとしており、技術だけ頼みたい場合や依頼内容が明確な場合にあ映像系のオンライン企業への依頼は良いと思います。

 

しかし、何をしてほしいか解らない時に依頼してしまうと高額な見積もりが出てきてしまい話がすれ違ってしまう事も多々あります。

 

イベント系オンライン企業

イベント系オンライン企業とは、今までリアルイベントの企画・運営などをしていた会社になります。イベント系オンライン企業は企画・運営などはとてもスムーズですが技術力はありません。

 

その為、全体的な費用は決して安くない傾向があります。

 

技術者は外注し、営業を企画のみを行うオンライン企業になります。正直いうとイベント系オンライン企業にオンラインイベント運営を依頼する事が一番高額になります。

 

イベント会社は基本的に営業が主体の会社です。

 

その為、営業手数料も非常い高いと事で有名です。

 

 

弊社がオンラインイベント業界では安き理由は、弊社のスタートは音響技術企業として11年前にスタートしています。その後、映像技術、イベント制作と徐々に形態を変化しながら様々なイベント運営をしています

 

その為、弊社の位置を上記の3つに当てはめると映像系オンライン企業とイベント系オンライン企業の中間に位置しています。

 

つまり、小規模オンラインイベントなら社内スタッフだけで完結できてしまいます。

 

会場下見をすれば、音響・映像などの機器からスクリーンなどの配置やプロジェクターの手配まですべて丸投げして頂いてもかまいません。

 

その為、他社比較すると2倍から多い時では3倍近い差のつく事もあります。

 

ただしクオリティーは変わりません。

 

ここが大きなポイントです!

 

どこの誰に依頼するのかで費用に大きな違いがあります。

 

オンラインイベントの事で迷ったらまずはお気軽にご相談ください

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事