オンラインイベントの企画を練る|iStyle イベント企画・運営

オンラインイベントの目的を考える

オンラインイベントを企画する際にはオンラインイベントをどのような目的で企画するかを考える必要があります。いわゆるKPIとかKGIとか難しい言葉で表現するとこんな感じになります

 

要するにオンラインイベントを誰の為にどうして実施する必要があり、最終的にどのような達成をするかを決めてからオンラインイベントの企画を実行しようという事になります。

 

リアルイベントの企画も社内企画も同様だと思いますが、企画には「骨格」と呼ばれる「芯」になる部分があります。企画の芯は決してズレてはいけない強い目的のような役割です

 

この「骨格」「芯」がブレたりするとオンラインイベントは非常に何を目的としたイベントなのか解らなくなることがあります。

 

弊社では結婚式場などのイベントも数多く携わってきました。

 

よく、式場の責任者の方が「若い新郎・新婦の考えは若いウェディングプランナーの方が理解できるはずだ」と言って企画会議から離脱する方がいました。

 

経験の浅い若者だけでの企画会議だと「目的」や「企画のゴール」を見失いやすくなんの為のイベントを実施するのか忘れてしまう事があります。

 

このような事態になるとイベント企画は失敗してしまいます。

 

これは、オンラインイベントでも同じです。

 

しっかりと責任と経験のある方が監修をしながら企画を進める必要があります。

 

オンラインだから簡単という事もありません。むしろオンラインイベントの場合は相手の顔が見れない為リアルイベントのような直接的なコミュニケーションが取れません

 

そればかりか、見ているだけのオンラインイベントになってしまっては、顧客満足度は下がるばかりで質の良いオンラインイベントを運営する事が出来なくなります。

 

安易に双方向の企画にしようと思い「ZOOMミーティング」などの会議システムを利用すると参加者の管理が思った以上に大変になり良い結果を得る事ができません

 

どのような目的をもってオンラインイベントに参加した皆さんへ。どのような印象を与えるのか?こんな事がオンラインイベントには求められます。

 

その為には、オンラインイベントの骨格となる部分を十分に話合い企画をする必要があります。

 

企画だけでも上手くいきませんのでスムーズな進行や運営など専門的な知識や時には専門的なシステムなども利用する必要もあります。

 

オンラインイベントを企画する際には、まずは「どのような目的で何をするのか?」このような当たり前のことをしっかりと決めて企画する事をお勧めします

 

オンラインイベントの企画・運営でお困りの事がありましたら、どんな事でもオンラインイベントのアイスタイルまでお気軽にお問合せください

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事