演劇・舞台をオンライン配信する|iStyleオンライン

オンラインイベントの種類には様々なジャンルがあります。企業イベントのオンライン配信は非常に多いのですが演劇やダンスなどのオンライン発表会もご依頼をお受けします

 

最近ではミュージカルのオンライン配信やバレエの発表会などのオンライン配信などもお問合せを頂いております。

 

舞台のオンライン配信の場合には現地調査は必須になります。

 

劇場やホールにはランケーブルの設置がない事もあります。必ず事前チェックが必要になります。もちろん弊社スタッフがホールにお邪魔して内容を確認します。

 

ホールにLANケーブルが通ってない場合にはNTTに連絡をして仮設のLANを設置する工事をする事もできます。ただしライブ配信本番日より1カ月前には手配をしなくては工事が間に合わない事もあります。

 

インターネット回線が光回線であれば、画質はフルハイビジョンのライブ配信をする事ができます。DVD撮影などよりも高画質の映像を視聴者に届ける事ができます。

 

更に、YouTubeなどのプラットホームを利用する事でアーカイブも残るので「DVD撮影」などを映像業者さんに依頼するよりもお得な状況です。

 

DVD撮影を依頼すると撮影・編集・納品までに少なくとも1カ月はかかる事があります。1カ月もかかりDVD画質が納品されます。ブルーレイにするとDVDよりも価格が高い・・・時代が昭和で止まっている映像業者さんも多くいますね・・・

 

高いお金を出すなら当日にすぐ見れるライブ配信はとてもお勧めです。

 

とは言え、高画質映像を配信する為には劇場またはホールに光回線を引き込みする事が必須条件です。回線さえあればなんとかなります。

 

バレエの場合には2カメラと配信機材一式を持ち込みプラットホームへライブ配信をします。毎回1日仕事・・・朝から晩までライブ配信をする事もあります。

 

劇場でのライブ配信では2日間でのダブルキャストという事もありました。リハーサルや通し稽古にもお邪魔しながらカメラ位置とカット割りの確認なども時間があればさせて頂きます。

 

ご予算は時間やカメラの台数・スタッフ数などで決まります。

 

高画質・高音質のライブ配信はとても視聴者さんからの評判もよく視聴回数も1000回を軽く超えることも珍しくありません。販売可能なプラットホームを利用する事で映像を販売する事も可能です

 

詳しい内容はお気軽にメール・お電話にてお問合せください

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事