オンラインイベント の企画の作り方|運営・企画iStyle

オンラインイベント企画の作り方についてブログを書いてみようと思います。

 

前回のブログでは社内企画のオンラインイベントについて書かせてもらいました。社内企画のオンラインイベントとはモチベーションアップを図る懇親会や別部署との交流を図る社内イベントなどがその類に入ります。

 

年末なら忘年会などの社内交流会などのイベントや納涼会・新年会などになります。このようなイベントをリアル開催ではなくオンラインイベントで開催する為の企画の作り方を進行部分を中心とした運営方法をブログにしてみます。

 

今までリアルイベントで開催してきた社内企画をオンライン化する際に最も重要な部分は、「一体感を図る事ではなく個々のコミュニティーを作る事にある」と説明をしました。

 

しかし、それではオンラインイベントを折角企画したのに「巨大なオンライン飲み会」を開催したに過ぎないイメージがあります。

 

会社の経費を使って「巨大オンイラン飲み会」の開催ではちょっと情けないですよね・・・

 

では、どうするべきでしょうか?

 

「巨大オンライン飲み会」を避けるためにはオンラインイベント企画事務局では運営方法に一味加える必要があります。

 

その方法とは、「ライブ配信拠点を作る事」です。

 

ライブ配信拠点とは、簡単に言ってしまえばスタジオ的な場所を設けるという事になります。しかし、いわゆるスタジオを借りる必要はありません。社内の会議でもレンタルスペースでもOKです。インターネット回線があるところならどんな場所でもオンラインイベントの配信拠点にすることができます

 

次に「ハイブリッドライブ配信」にします

 

ハイブリッドライブ配信とは用途の違うライブ配信プラットホームを2つ使用してライブ配信を行う方法になります。

 

例えば、ZOOMを利用してオンラインイベントの「巨大オンライン飲み会」会場を設置したとしたならYouTubeライブなどを利用してライブ配信拠点から余興となる出し物を発信します。

 

実はここの企画の作り方が非常に重要です。

 

「巨大オンライン飲み会」式のオンラインイベントを行う場合、イベントの中心は「交流」つまり「会話」になります。

 

会話の邪魔をする仕組みはオンラインイベント企画には不向きという事になります。

 

そうなると、「個々のスマホでYouTubeライブを受信してもらう」という安易な発想になりがちですが・・・実はこれが大きな落とし穴になります。

 

社内交流会のような「巨大オンライン飲み会」の場合、同じグループの誰かがYouTube画面をZOOMなどのシステム内で共有表示する事があります。

 

実はこれがオンラインイベントを成功させる非常に重要なポイントになるのです。

 

通常どんな会社でもレクレーション色が強いオンラインイベントを企画すると運営に携わるスタッフさんはテレビのバラエティー番組のような作りを考えますが・・・実はオンラインイベントを作るコツは「ラジオ番組」を作る事に近いと思ったほうが良いと思います

 

その理由については、また他のブログで紹介していきます

 

オンラインイベントに何かお困りな事があればお気軽にお問合せください

 

お急ぎの方はお電話を頂ければ即座にスタッフが対応いたします

 

お待ちしております

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事