ハイブリット オンラインイベント の作り方
Video conference concept. Teleconference. Video chat.

オンラインイベント企画には「オールオンライン配信」のイベントと一部リアルイベントを加えた「ハイブリッドイベント」の2通りのオンラインイベントの開催方法があります

 

オールオンライン配信のイベントでは「巨大オンライン飲み会」のようなコミュニケーションが取れる場の提供がとても大切になります。ハイブリットオンラインイベントでは、コミュニケーションの場の提供と、余興やゲームが楽しめるような別ルートで進行するオンライン企画が必要になります。

 

簡単に言ってしまうとYouTubeやvimeoなどを見ながらオンライン飲み会を開催しているようなイメージを想定しましょう

これからのハイブリットオンラインイベントは写真のような感じになります。基本はPCで会話をしながらスマホで別データを見たりアンケートに答えたりクイズに参加したりします

 

このような、お茶の間テレビ的な雰囲気を考えてオンラインイベント事務局は企画を考えていますが・・・実は現実はそう簡単にいきません。

 

ハイブリッドオンライン開催の一番のポイントはリアル開催されているイベントの配信をオンライン参加している参加者がどのよに閲覧するのかにあります。

 

事務局側の要望としては、お茶の間テレビのように「ながら閲覧」を希望します。つまり会話の邪魔にならないような会話です。

 

しかし、会社のオンラインイベントなどの場合には社員さんがプラットホームの画面共有機能を使いリアル開催イベントを共有してくれることがあります。

 

プラットホーム内で画面共有をしてしまうとリアル配信をしているイベントとの音声がオンライン参加しているゲストの会話を邪魔してしまう可能性が考えられます

 

ライブ配信されているプラットホームの音声を消して閲覧するとライブ配信会場の内容が何をしているのか解らななくなってりまいます。ライブ配信会場の音声を大きくしてしまっては会話の邪魔になります

 

とは言え自分のスマホでは見ません

 

と言う現象がオンラインイベントには起こる可能性があります。

 

ハイブリッドのオンラインイベント企画にはメリハリがとても大切になります。

 

進行をしっかりと届けるシーンと会話を楽しんでもらうシーンのすみわけがとても重要になります。

 

オンラインイベントで何か困った事があれば何でもご相談下さい

 

ご相談お待ちしております

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事