オンラインイベントの種類とやり方|オンライン企画・運営iStyle

オンラインイベントにはいくつかの種類があります。企画の中心点や運営方法などはオンラインイベントの種類によってかなり違います。

 

どのようなオンラインイベントを企画したかで運営方法かも準備する機材もかなり変わってきます。

 

そこで、今回のブログではオンラインイベント種類とやり方について書いていこうと思います

 

オンラインセミナー

オンラインセミナーはオンラインイベントの企画では最も多く行われているイベントだと思います。

 

オンラインセミナーは参加者も主催者も全員オンラインで行うオンラインセミナーのスタイルになります。このようなオンラインイベントを運営した際のメリットは、経費が今までとは比べ物にならないくらい安くなることだと思います。

 

リアルイベントの場合には大きな会場にセミナー講師の控室・交通費・出演料などが必要でした。しかし完全オンラインのイベントを企画・運営した際には会場費用・交通費。控室などは必要ありません。

 

オンラインイベントの会場はすべてインターネット上に手配されますので、それぞれPCで入ってもらうようにする事で大幅なコスト削減をする事ができます。

 

しかし面倒な事はオンラインセミナーの開催事務局の運営になります。オンラインセミナーの事務局では出欠確認やセミナーの質疑応答など今までリアルで行ってきた内容をオンライン化する必要があります。

 

オンラインセミナーでは事務局の運営方法が少々複雑化する可能性があります

 

オンライン社員総会・表彰式

オンラインで行う社員総会や表彰式も完全オンラインとハイブリット形式の2つの方法があります。

 

こちらも前述したオンラインセミナー同様にオンライン化する事で経費は大幅に節約されます。経費削減の理由も前述したとおりの理由になります。

 

最近の流行はハイブリット式のオンラインイベントになります。ワクチン接種も始まり徐々にイベントも開催されるようになった昨今では完全オンライン化よりも一部来場するハイブリッド式のオンラインイベントの実施が企画されています。

 

ハイブリッド式のオンラインイベントではオンライン事務局の準備はリアルイベントの準備とオンライン参加者の対応準備の両方が必要になります。

 

ライブ配信をする拠点に数名の参加者を来場されて進行するケースが多くあります。例えば表彰式などは表彰されるスタッフさんのみをホテルの宴会場などに招待するなどの仕組みです

 

または、各営業所どうしをつなぐ場合もあります。

 

基本的にはオンラインではありますが出勤しているスタッフは会議室や食堂からオンラインイベントに参加するスタイルです。各地の営業所の映像を拠点会場に集めて放送するハイブリッド形式になります

 

このように、オンラインイベントにはいくつかのやり方や種類があります。

 

何かわからない事があれば、オンラインイベント企画・運営専門のアイスタイルまでご相談ください。お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事