オンラインイベント 企画  |  運営 事務局の仕事

オンラインイベントの企画をすると事務局運営はオンラインイベントの中心となります。リアルイベントの場合にはステージ上の進行がメインの仕事で事務局の仕事は裏方になりがちです。

 

しかし、オンラインイベント企画の場合、事務局の仕事はオンラインイベントの運営には欠かせません。むしろ進行よりも事務局運営がオンラインイベントの企画を支えています。

 

一番の仕事はやはりオンラインイベントへ参加する方の出欠確認になります。リアルイベントであれば受付ブースを設置して名刺の提出や名簿と照らし合わせるなどする事でオンラインイベントの参加者を人数や出欠管理をすることができます。

 

しかし、オンラインイベントの参加者を管理する為には参加者の申し込みからしっかりと段取りを決めて運営しなくてはオンラインイベントの参加者を把握する事ができません。

 

もし、リアルイベントのように進行から考えてしまうと当日誰が出席しているのかさっぱりわからないという状況になります。

 

50名前後のオンラインイベントの参加者なら運営事務局のスタッフが名簿と照らし合わせてみたり、ラフなオンラインイベントなら参加者に「〇〇さんおりますか?」と話しかけて出欠をとるなどすれば良いかもしれません

 

しかし、100名を超えてくるオンラインイベントでは、とそう簡単にいきません

 

まずは参加者受付の際にはログインコードの発行・設定などシステム的な見直しなどもオンラインイベントの運営には必要です。

 

〇〇総会などのオンラインでは承認を必要とするシーンがあります。このような場合オンライン参加者を「どのように把握するか?」ここが事務局運営の見せ所です。

 

出来るだけスマートにオンラインイベント進行する為には、オンラインイベント参加者が当日ログインした時点で誰が出席しているのかわかるシステムを確立する事がオンラインイベント事務局の運営に必要な事柄だと言えます。

 

理想的な方法としてはPCで閲覧してもらいながらログインはスマートフォンなどでログインしてもらう運営方法が理想的でしょう。

 

アイスタイルオンラインでは企業オンラインイベントの想定を考え、会社から提供されているPCとスマートフォンで理想的なオンラインイベントの運営を実現しています

 

PCで見ながらスマートフォンでアンケートや質問に回答してもらう方法を推奨しております。こうすることで画面を見ながら様々な質問や要望に応えられるオンラインイベントの運営はもちろん集計やグラフなどをオンラインイベントの画面に出す事もできるようになりました。

 

まずはオンラインイベント専門のアイスタイルオンラインの無料相談をお聞きください

 

リーズナブルで質の高いオンラインイベントをご案内させて頂きます

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事