YouTube との併用をする | オンラインイベント 企画

いまこの瞬間にオンラインイベントの企画を考えている幹事さんもたくさんいると思います。オンラインイベント企画のポイントは、双方向で行うイベントとテレビのように一方通行で見ているだけのイベントをどのようにコラボレーションさせるかにあると思います。

 

皆さんオンラインイベンでコミュニケーションをいかにとれるか?を考えています。テレワークの続く毎日。同じ部署の人とも中々話ができない日々が続いています。

 

オンライン会議では毎日顔を合わせていますがオンライン会議では雑談などの会話はほとんどできません。

 

その為、企業懇親会などをオンラインで企画する際には「会話」を楽しんでもらう事にポイントをおく労働組合の幹事さんなどが多くおります

 

会話をしながらゲームを楽しんでもらう方法にはコツが必要です。

 

まずは、特に大人数でのオンラインイベントの場合には綿密な計画が必要になります。まずは双方向でのやり取りをどうのようにするか決める必要があります。

 

双方向でのやり取りをオンラインで行えるプラットホームはZOOMなどが有名ではありますが、企業によってはセキュリティーの問題からTEAMSを利用する企業も多い印象があります。

 

オンラインイベントを行う場合にはTEAMSZOOMのどちらが向いているのか?という疑問があるかもしれませんが、私たちの経験上では大人数の場合にはTEAMSのほうが都合がよいと感じています。

 

ただTEAMSの管理は各企業側のアカウントで管理されていますので基本的な操作は企業の幹事さんにお願いする事になります。

 

ZOOMとの最大の違いはTEAMSの場合参加者が自由にチャネルを移動して様々な部屋に移動できる事にあります。ZOOMはホストが任意でブレイクアウトルームに振分けするため自由度は低くなります。

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが、このようにオンラインイベントを行う場合にはどのプラットホームで双方向のコミュニケーションをするかが重要になります。

 

双方向でのプラットホームが決定したらイベントの進行をどのように行って行くのか?という議論にはいります。

 

オンライン企画の進行をめぐる議論の終点は多くの場合ウェビナーまたはYouTubeなどに着地します。

 

YouTubeでもウェビナーでも行える事に大きな差はありませんが、YouTubeは無料で利用可能ですがウェビナーは有料になります。

 

さて、ここからが、オンラインイベントの大切なポイントになります。

 

YouTubeなどで進行をテレビのようなイメージで企画すると失敗してしまうというポイントがあります。

 

「失敗って、どういうこと???」

 

と、思うかもしれませんが、オンラインイベントを企画している幹事さんはオンラインイベントのYouTube配信はテレビのバラエティー番組のような構成にしようと考える人もおります。

 

しかし、このガヤガヤしている雰囲気が裏目にでることがあります。

 

オンラインイベントの中心に会議システムを置いた場合には「会話」を楽しんでももらう事がオンラインイベントの要素では一番大切な部分になります。

 

オンラインイベントで普段できない雑談を楽しんでもう事はとても良い企画です。皆さんオンラインイベントの時間が過ぎても会話を楽しんでいることも珍しくありません。

 

会話は楽しい!とはいえ会社が企画してくれた時間です。

そこで多くの参加者さんはグループ内でYouTube動画などを画面共有で見ている事が多くあります。事務局の幹事さん達は自身のスマートフォンなどで見てもらうように呼び掛けても大人数のオンラインイベントの場合にはなかなか思い通りにいかないものです。

 

YouTubeなどを画面共有してしまうと会話の音声とYouTubeの音声が混じってしまいとても会話がしにくくなってしまいます。

 

実はこの事はとっても重要ですが気づきにくい部分です!

 

オンライン企画をYouTubeと併用しようと考えている幹事さんはこのポイントを踏まえて企画を考えましょう。

 

企画を考えるのが大変だ!と思った幹事さんはお気軽にアイスタイルオンランまでお問合せください。企画から機材の手配に運営まですべて丸投げでお受けします。

 

毎日オンライン相談会受付中です!

お問合せお待ちしております

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事