オンラインイベントは双方向にしたい|企画の教科書

オンラインイベントを社内で企画する際に必ず議題になる事があります。それは「参加者とのコミュケーション」です。参加者同士は会話をしている為、ある程度のコミュニケーションは取れていると思います。しかし、事務局側としては会話だけのイベントではなく多くも参加している社員の方にオンラインイベントを楽しんでほしいと考えています。

 

その為、会話以外のイベントを用意する方向に企画が進むことは珍しい事ではありません。その結果、「オンライン謎解き」に行きついた事務局の皆様も多いと思います。

 

例えオンラインイベントの企画を「謎解き」とした場合でも事務局側とのコミュニケーションいかにとるか?つまり、「1位になったチームにインタビューしたいよね?」「会話できないかな?」などになります

 

人数が多くない場合でもブレイクアウトルームなどに参加者も皆様を振り分けしている場合にはインタビューなどをしても皆様へその内容を届ける事が出来ないという場合も多くあります。

 

その回避方法としてYouTubeなどで別に放送をする方法などを考える事になります。しかしZOOMの映像をYouTubeに共有する為にはオンライン関係の映像知識も必要になる為簡単にはいきません。

 

普段ZOOMTEAMSなどで簡単にオンライン会議の相手とコミュニケーションをとれる為、大人数のイベントでも簡単に双方向コミュニケーションが可能だと思う事がありますが、大人数のオンラインイベントで双方向のコミュニケーションをとる方法は比較的難しい状況があります。

 

他にもこんなパターンもあります。オンライン謎解きの会社に問合せをしたところ予想よりも遥かに高い金額を提示されてしまいオンライン謎解きの企画を事務局の方々で自作したというパターンです。

 

確かに謎解きが好きなスタッフが数名いる場合にはオンライン謎解きを自社内で作るという事は可能です。弊社でも依頼を受けて映像で「謎解き」と言うか・・・「なぞなぞ」のような企画を作った事があります。オンラインイベントで使える映像制作と言う事でしたのでオンラインイベント用の映像を納品させて頂いたのですが、「回答方法に良い方法はないか?」と言う連絡ももらいました

オンラインイベントの回答方法は技術的に難しい事もあり回答方法などのコミュニケーションツールの選択はオンライン謎解きイベントのネックになります。

 

このように、大人数のオンラインイベントでコミュニケーションをとるには難しくなります。オンラインイベントでのコミュニケーションをとる為の方法は人数が多くなればなるほど難しくなります。オンラインイベントでコミュニケーションを必要とする際には早めにプロに相談する事をお勧めいたします。

 

まずは無料相談からお気軽にアイスタイルオンラインまでご相談下さい。

 

オリジナルアプリケーションを用いたコミュニケーションツールをご紹介いたします

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事