オンラインセミナー企画|費用はこれで決まる

セミナー系のオンラインイベント企画の予算に関わるポイントは「出演者をオンラインでどのように招待するのか?」にあります

 

少しわかりずらいのですが、オンラインイベントでセミナーを実施する場合には「講師の先生を招待して参加者が聞く」というケースがほとんどです。この際に講師の先生をどのようにオンラインイベントに招待するのかという部分が幹事の皆様の悩まれる部分です。

 

例えばZOOMミーティングでオンラインセミナーを簡単に開催しようと考えます。当初は100名程の参加者を同じZOOMアカウントに入室させて講師の先生に講演してもらおうと気楽に考えてしまいます。

 

しかし、オンラインイベントの企画会議を重ねるうちに・・・「講師の先生方はギリギリにならないとスケジュールが空かない」「講演前に事前の打ち合わせが必要」「他の講師の方と顔を合わせるのはNG」など状況が様々みえてきます

 

リアルイベントで考えるなら講師の先生が到着したらまずは控室にご案内し、時間になったらスタッフが控室に呼びに行きます。この時、事前に主催者との打ち合わせが必要であれば控室で簡単にイベントの趣旨や流れ、NGなキーワードや注意事項などの話しをします。講演終了時も時には主催者から先生に挨拶をしたいという事もあると思います。

 

このように、リアルイベントでは当たり前に出来ていたことをオンラインイベントで行おうと思うと結構大変になります。

 

例えば、講師の控室をオンラインイベントで準備をしようと思うと簡単ではありません。ZOOMの機能だけでは出来ないので複数台のパソコンと複数のアカウントを必要とします。

 

この時点でもオンラインセミナーの費用は上がっていきます。講師の先生が1名ならまだ管理も楽ではありますが、先生が2名。3名と増えれば増えるほどオンラインセミナーのオペレーションも予算も上がってしまう事になります。

 

このようなオンラインセミナーの詳しいやり方やオペレーション方法については機会があればブログでご紹介をしようと思います。

 

しかし、リアルタイムで行うセミナーのように講師の先生を会場に招くと「交通費」「会場費」などの費用が掛かります。遠方から招く場合には宿泊費も考えないといけません。

 

そう考えるなら、オンラインセミナーの費用は安く感じるかもしれません。

 

オンラインセミナーの企画を考える際には軽く考えずに早めにプロに相談することが必要です。いつも会議で使っているZOOMの機能だけでは足りない事と多々あります。

 

リアルイベントだったら簡単だった事柄がオンラインイベントの企画に盛り込んだだけですごく難しくなることもあります。

 

このような事がオンラインセミナーの企画会議では出てこなくて1カ月前になって気づいてしまいバタバタと慌てる事もあります。

 

企画の際に予備の費用もろくに用意していなければ、依頼する事もできなくなります。

 

もし、このブログを読んだ方で「いつも使っているZOOMでやる事だから」と簡単に考えて数万円の予算しかイベント予算を組んでない幹事さんがいましたら要注意です

 

弊社のお問合せフォームからすぐにメールをください。業界最安値のお見積りをご用意してお待ちしております。オンラインイベントの企画・運営までお気軽にご相談ください

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事