YouTube使用の注意点|オンラインイベントはiStyle

YouTube使用の注意点

オンラインイベントでYouTubeを利用する場合の最大の注意点は音楽です。オンラインイベントでは何かの催事を配信する際には音楽利用をしている場合がほとんどだと思います。

 

YouTubeを配信プラットホームにした場合には、イベント時に使用する音楽には著作権フリーの音楽を使用するようにしましょう。ご存じの方は多いと思いますが、YouTubeを含めた様々な配信プラットホームでの著作権については厳しく取り締まりがされております。

 

とくにYouTubeについては音楽著作権の規制は厳しいです。

 

例えば、会場のBGMが映像に入り込んでおりそのBGMが著作権侵害となり後日の閲覧が出来なくなってしまう。と言う事もあり得る話です。

 

弊社では結婚式での配信も賜っておりますので結婚式ではこのような事態もしばしばあります。

 

ライブ配信中に急に著作権侵害と言う事でシャットアウトされる事はありません。後日、ライブ配信を見直そうとした際にメッセージが出ており発覚する流れが一番多いと思います

 

こんなメッセージですね・・・。日本のレコード会社よりも海外の楽曲はかなり厳しいですね。特にディズニー系の曲は少しでも入っているとアウトになります。「会場で少し流れていた」「撮影時に関係ない外部音で拾ってしまった」こんなのでもライブ配信に混入したらブロック対象となる可能性は十分にあります。

音楽著作権について

イベント毎に関わる音楽著作権はいくつか存在しております。このブログではザックリと説明をさせて頂きます。

 

音楽著作権はどんなイベントを行うかによってクリアするべき著作権のルールが少し変わってきます。例えばYouTube配信の著作権侵害をクリアする為には途方無い申請が必要になるのでYouTubeで著作権の存在するCDを正式に流すとかは不可能に近いと思います。

 

しかし、生演奏で収録した内容をYouTubeで配信するのあればクリアできます。

 

生演奏を収録する場合には生演奏をする為の別の著作権が発生します。この届出をしなくては著作権侵害となってしまうので注意が必要いになります。生演奏を収録する事自体は良いのですが「人の楽曲を演奏する」と言う部分で著作権が発生しているので申請の必要が出るわけです。

 

クラシックならOKでしょ?

 

と、言う方もおりますが、「没後50年たった楽曲に於いては権利はなくなる」と言う話からの考えだと思います。確かに作曲者の死後50年が目安となっているケースは多いのですが、編曲などのアレンジされた楽譜を利用している場合には、編曲された曲の著作権が発生している事もあります。

 

著作権は誰が所有しているか解りません。

 

その為、申請手続きはしておいた方が無難です。生演奏に対する著作権申請はそれ程高額ではないのでご安心下さい。

 

YouTubeの利点

YouTubeとZOOMを比べた場合に圧倒的な分部は画質だと思います。YouTubeはかなり高画質に配信する事ができます。また、ライブ配信中に動画などをインサートしたい場合にも適したプラットホームです。

 

ZOOMは基本的には会議システムです。その為、動画のライブ配信などをすると「カクカク」と「コマ落ち」してしまいしっかりとインサート動画を視聴する事ができません。

 

このようなオンラインイベントにはYouTube使用をおすすめします。YouTubeであればコマ落ちする事もなくスムーズなライブ配信が可能でしょう。また、限られた出演者とならZOOMを利用した双方向会話をYouTubeに乗せて配信する事も可能です。

 

見ているだけの人と参加する人を上手く区別できる配信方法がとれるのもYouTubeの利点でしょう。

 

こんなイベント考えているけどYouTube?ZOOM?と悩んだらすぐにご相談下さい!専門スタッフが速やかにご提案書をご提出致します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事